スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

最近の遊び。

ICPCという、大学生向けの国際プログラミングコンテストが毎年あるのですが、最近、暇を見つけてはその過去問(?)をひたすら解いてました。この辺とかこの辺とか。

数十分考えて解らないと発狂しそうになるぜ。うひひ。というのは大げさだけど、このスッキリしない感がどうにもなぁ。数学とか、解らない時はわりとすぐ答えを見ちゃう人なので、延々と考え続ける作業にはあんまし慣れてないのかも。慣れてる奴はマゾに違いない。でも解答が用意されてる問題なんて、現実にはそう無いですよねー。

思うに中高生や大学生がプログラミングを学んでも、教科書と現場のギャップというか、それなりに使えるようになるには段階的かつ大量のアウトプットの経験が必要なんですよね。そのあたりは英語と同じなんだけど。
でも実際に何かを作るにはネタが必要で、それを探すセンスが人によって全然違う気がする。んで、作りたい物がすぐ出てくる人はひたすら作って腕を磨けばいいのだけど、そうでない場合は、何かネタが提供される場に身を置くべきだ。それはサークルでもバイトでもオープンソースのプロジェクトでもいいんだけど、とにかくコード書きたい衝動を晴らす場としては、こういうコンテストとかも優秀だと思う。(学問的な意味で)問題の質が良いし。あとはモチベーションの問題か。

それにしても、俺がネトゲとかやってる間にマジメな学生はこういう問題やってたんだよなぁなんて考えたりするけど、やっぱ一人で黙々と作業してるとどうしても人恋しくなってしまうので、皆それなりに寄り道するんじゃないかな。普通は。普通じゃない奴のことなんて知るもんか。

というわけで、早くまとまった暇を作ってAまほがやりたいです、隊長!


追記。
ICFPC という、72時間ぶっ続けでやるというコンテストもあって、制限が緩い分こっちの方が面白そう。今年の問題の作り込みが特に凄かったようなので引用してみる。
あとこのOSにはコマンド入力式アドベンチャーゲームが入っています。

これ、最初はだるいんですが、あるアイテムを手に入れるといきなり状況が変わって、プレイヤーがゲームの中から「ゲームそのもの」を書き換えられるようになります。

それを利用して、物が無限に持ち運べるとかテレポートできるとか、やりたい放題。それを利用して攻略しないといけなくなるので、俄然面白くなります。

from think physically about computation. think computationally about physics.

こういうマンガみたいな展開はすげー燃えますね。ちょっとだけ触ってみたけど……すげー…。
スポンサーサイト
19 : 04 : 24 | misc. | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<目標を持つといふこと。 | ホーム | 蕩れ~>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://arith.blog70.fc2.com/tb.php/59-e83f8d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

しむかっぷ

Author:しむかっぷ
狐の抜け殻

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 全記事の一覧

カテゴリー

リンク

リンクフリー&アンリンクフリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。