スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

卒論の執筆過程を振り返る

増田より、頭のいい人が成功できるかどうかの境目(※ここでの「頭がいい」=「勉強ができる」)
実際、先輩や教官にしつこく教えを請いまくることはよく考えてみれば学生の本分なのだ。授業料を払っているのだから、「教えてもらって当然」ぐらいの貪欲さでちょうどいいのだ。何かあれば偉そうに口を利いてみるのがよい。やりたいことを主張されなければ、教官とて指導のしようがあるまい。言うだけ言ってみればいいのだ。失うものは何もない。主張した結果「それは無理だ」と言われても、「いやあ、無理っすか。ははは」と笑っていればそれですむ。そして反省点は心の中だけにとどめ、次のチャンスを狙えば良いだけなのだ。


これは卒論を書いてて思いましたね。
単純に時間と問題規模から、自分一人で全部やり遂げるのは無理だーってのがあって、
先生方・先輩諸氏には随分とお世話になった。

自分一人でやろうとしたら、
書きかけの証明というか、変な仮定のついた命題というか、
とにかく妥協した結果に落ち着いていたんじゃないかと思う。

俺の場合、研究の過程は主に、

 1. 問いを発する
 2. 関連研究の論文を読み漁り、
   自分で考えられるところまで考えてみる
 3. 先生や先輩の意見を聞く
 4. 聞いた意見をまとめあげる
 5. 1に戻る

というループだったんじゃないかな。(実験とか無い畑の人です)
で、書きながら議論の着地点を手探りしていく。
繰り返し数は多いほど良い。
なんだか言ってみれば当たり前のようだけど。

ここで一番大事なのは 3 で、
できるだけ多くの人と議論してみるのがいい。
時間を取らせることがその人に迷惑かもとかあまり考えない方がいい。
(そのぶんなるべく相手にとっても有益な議論になるよう心がける)
もちろん本当に忙しい人には近寄れないが。

問題設定と自分の考えを人に説明することで対象の理解も深まるし、
やっぱり第一線に居る方々は頭の切れ味が違う。
3人ぐらいから個々に有益なアイディアがポロポロ出て、
それを一つにまとめる作業の繰り返しだけでおおよそ書けてしまった気がする。

だから、問題を噛み砕いて新たな問いを発していくことにひたすら頭を使った。
定式化さえしてしまえば、解法のデータベースはわりとどこかにあって、
自分が知らなければ知っている人から教えてもらえばいい。
その分野全体を把握してないうちに全部を自分で考えようとすると、
車輪の再発明を大量に含むことになる。(それも凄く勉強にはなるけど、成果にはならないのでタイムリミットがある時には避けたい)

なにも自分の頭で考えることが無駄だと言っているわけではなくて、
自分一人じゃ絶対出てこない発想や情報というのは間違いなくあるという話。
普段からいろんな情報集めて考察加えてっていうのが重要であることは言うまでもない。

でもこれは学士や修士ぐらいまでの話で、
こんな他人の脳に寄生した方法じゃイカンと思っていたのだけど、
いろいろ読んでみると、案外研究者はずっとこんな感じっぽい気がしてきた。

まぁ、もちろんある程度自分一人でガンガン進めていけるだけの力が必要になるだろうけど、
同じぐらい研究者同士の意見交換というのが重要なんだと。
新しいアイディアを生み出すにしても、
離れた所にあるアイディア同士を有機的に結びつけるにしても、
なるべく情報を共有した方が効率が良いのは当然だ。
近いテーマの研究者同士のネットワークというのは、かなり発達しているらしい。

そういえば、フェルマーの最終定理みたいなのは特殊ケースで、
競争があったから孤独だったって話があったなぁ。


P.S.
ここ
の米欄がひどいことになってる…。
皆どうしてそう煽りたがるの?
スポンサーサイト
16 : 36 : 05 | misc. | トラックバック(0) | コメント(2) pagetop
<<すいみんぐ | ホーム | 増田。>>
コメント
①先輩がほとんど居ない(新設学部)
②頼れる先生がほとんど居ない(まだ固まってない学問分野)
③課題としての卒論が無い(という謎の噂)

('A`)そんなとこに通ってる自分は卒論(自主的に)を書くとき、誰から解の助けを得ればいいんでしょう?
2chにカキコでもしろと・・・orz
by: N氏 * 2007/02/26 18:45 * URL [ 編集] pagetop
> nsi
やる必要が無いなら、やらなければいいじゃない。

てのは冗談で。

新しいことを、いかに分解して既存の研究に帰着するかって話ですよね。
既存の研究自体が少ない場合は必要となる前提知識が少ないってことで、
先生方と同等の立場で議論しやすいぶん、
それはむしろプラスになり得るんじゃないでしょうか。

必要なのは知識もそうだけど、
どっちかいうと賢い人と議論することそのものなので。

その分野で議論のできる賢い人が身近にいる環境、
先輩がいなければ同輩でも外部の人でもそういう人達が集まる場所を
探しておくのは大事だと思います。

そういう意味じゃ、2chって、マイナーな学問には結構良い場所だと思うけどな。
あんまりやると正体バレそうですが。
by: しむかっぷ * 2007/02/26 19:41 * URL [ 編集] pagetop

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://arith.blog70.fc2.com/tb.php/78-0e4cd207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

しむかっぷ

Author:しむかっぷ
狐の抜け殻

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

 全記事の一覧

カテゴリー

リンク

リンクフリー&アンリンクフリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。